0200


上映作品・近日公開作品

上映中作品・近日公開作品一覧です。
ロイヤル劇場の近日公開作品はこちらへ。

東京カウボーイ
7月13日(土)~7月26日(金)CINEXにて限定上映
喧騒の東京から、大自然が広がるモンタナへ。効率至上主義のビジネスマンが見つけた人生の豊かさとは…。トラブル続きの最中、郷にいれば郷に従えとスーツを脱ぎカウボーイ姿に着替え、自然や動物とともに生きる人々と交流するうち、自身の効率一辺倒の働き方を見つめ直していく…。
青春18×2 君へと続く道
7月13日(土)~7月26日(金)CINEXにて限定上映
『余命10年』藤井道人監督最新作。日本と台湾を舞台に、18年の時を経て繋がる“初恋の記憶”。東京から鎌倉・長野・新潟・そしてアミの故郷・福島へと向かう…。列車に揺られ、一期一会の出会いを繰り返しながら、ジミーはアミとのひと夏の日々に想いを馳せる。旅の先で、ジミーが知った18年前のアミの本当の想いとは…。
関心領域
7月20日(土)~8月2日(金)CINEXにて限定上映
そこには、いつもと変わらない幸福な日常があった。スクリーンに映し出されるのは、どこにでもある穏やかな日常。しかし、壁ひとつ隔てたアウシュビッツ収容所の存在が、建物からあがる煙、家族の交わすなにげない会話や視線、そして気配から着実に伝わってくる。その時に観客が感じるのは恐怖か、不安か、それとも無関心か?
  ふたごのユーとミー ~忘れられない夏~
7月20日(土)~8月2日(金)CINEXにて限定上映
一卵性双生児のユーとミー。ふたりは生まれた時からずっと一緒。どんなことも、隠しごとなんてしたことない。でもあの夏だけは違ってた。彼がふたりの前に現れてから…。1999年、世の中はY2K問題で世界が終わると大騒ぎしていた年。二人の忘れられない夏が、まもなく終わりを告げようとしていた…。
  フィリップ R15+
7月27日(土)~8月9日(金)CINEXにて限定上映
ポーランド作家レオポルド・ティルマンド(1920-1985)自身が1942年にフランクフルトで暮らしていた実体験に基づく自伝的小説を、官能的要素を加えて映画化!主人公フィリップが愛する人全てを失い、孤独に耐えながらも魂を解放しようともがき生きていく姿を、ナチス支配下のドイツを舞台に描く…。
  かくしごと
7月27日(土)~8月9日(金)CINEXにて限定上映
認知症の父、記憶喪失の少年、そして過去に傷を抱える女がつづる心揺さぶる、ヒューマン・ミステリー。許されないとわかっていても、なぜ彼女は嘘をついてまで少年を守ろうとしたのか。そして、このひとつの嘘から明かされていく、それぞれのかくしごととは…。ラスト、彼女が知る真実に、あなたもきっと涙する…。
  アンゼルム
7月27日(土)~8月9日(金)CINEXにて限定上映
ナチス、戦争、神話。“傷ついた世界”を創造するドイツ最大の芸術家、アンゼルム・キーファーのすべて。仏・バルジャックのアトリエを中心に、彼が歩んだ人生と共に辿る、壮麗な映像叙事詩。ともに1945年終戦の年にドイツで生まれたヴェンダース監督は2年以上の歳月をかけて、このアンゼルムの全貌を捉えたドキュメンタリー映画を完成させた!
ONE LIFE ~奇跡が繋いだ6000の命~
7月20日(土)~8月2日(金)CINEXにて限定上映
チェコの子供たち669人をナチスから救い、50年後に驚きの再会を果たしたニコラス・ウィントンの愛と苦悩を描いた感動の実話。あってはならない戦争が再び始まり、現在も続いている今この時代だからこそ贈る、人間の温かな心と無償の愛が生み出した未来を描く希望の物語。
お母さんが一緒
8月10日(土)~8月23日(金)CINEXにて限定上映
母親を連れて温泉にやってきた三姉妹。楽しいはずの旅はいつしか壮絶な姉妹喧嘩へ…。稀代の映画監督・橋口亮輔が、ペヤンヌマキによる同名の舞台を脚色。9年ぶりの監督最新作は、笑えて泣ける傑作ホームドラマ。悲喜こもごもを毒気とともにあたたかく軽やかに綴った“家族”の物語。
  大いなる不在
8月17日(土)~8月29日(木)CINEXにて限定上映
小さいころに自分と母を捨てた父が、警察に捕まった。連絡を受けた卓が、父の元を訪ねると、父は認知症で別人のようであり、父が再婚した義母は行方不明になっていた…。父と義母の間に何があったのか?すべての謎が紐解かれた時、大海のような人生の深みに心が揺さぶられる、サスペンス・ヒューマンドラマ。
  ある一生
8月17日(土)~8月29日(木)CINEXにて限定上映
世界40言語で翻訳、160万部以上発行されたベストセラーの映画化!“世紀の小説”“小さな文学の奇跡”などと評された原作を忠実に、かつ美しい情景と共に視覚的に見事に映画化した本作は、激動の20世紀の中、80年にわたって暴力、戦争、貧困に耐えなければならなかった男の孤独な苦難の人生を描いている…それでも、彼は幸せだった。
  幸せのイタリア-ノ
8月31日(土)~9月13日(金)CINEXにて限定上映
イタリア映画祭2023では笑いと涙の大反撃。ヒロインを演じたミリアム・レオーネはイタリア映画記者組合よりコメディ女優賞を受賞。主人公には今のイタリア映画を牽引する第一人者ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ。パラリンピック・イヤーにふさわしい心が熱くなる傑作コメディ!
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000