上映作品・近日公開作品

上映中作品・近日公開作品一覧です。
ロイヤル劇場の近日公開作品はこちらへ。

戦争と女の顔 PG12
8月13日(土)~8月26日(金)CINEXにて限定上映
1945年、終戦直後のレニングラード。第二次世界大戦の独ソ連戦により、街は荒廃し、建物は取り壊され、市民は心身ともにボロボロになっていた。史上最悪の包囲戦が終わったものの、残された残骸の中で生と死の戦いは続いていた…。PTSDをかかえた元・女性兵士たちの物語。
ボイリング・ポイント|沸騰 PG12
8月20日(土)~9月2日(金)CINEXにて限定上映
世界が絶賛、90分驚異のワンショット!ロンドンの高級レストランの舞台裏。主人公のシェフがたどる大波乱の運命を、気迫と悲哀をこめて体現!縦横無尽に動き回るカメラワーク、俳優たちの即興演技がもたらす圧倒的な臨場感に加え、激しくうねるサスペンスフルな人間模様。鋭い社会性をはらんだ心揺さぶるドラマから目が離せない!
島守の塔
8月27日(土)~9月9日(金)CINEXにて限定上映
鉄の暴風と言われた激しい空襲、艦砲射撃、上陸戦の絶望に追い込まれた沖縄戦。その中で「生きろ!」と後世に一筋の命を託した2人の官僚と沖縄の人々の物語を映画化。命の重みを受け継ぎ「沖縄戦」を生き抜いた沖縄県民。それぞれの苦悩と生きることの奮闘を描き、本土復帰50年の節目「命の尊さ」を次世代に継承する映画が誕生!
  PLAN 75
8月27日(土)~9月9日(金)CINEXにて限定上映
75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテーマを全世代に問いかける衝撃作が誕生した。他者への不寛容さ、痛みに対する想像力の欠如といった世の中への危機感とともに、命の尊さを静かに、そして強く訴える…。
  1640日の家族
9月3日(土)~9月16日(金)CINEXにて限定上映
監督の少年時代の体験を基に映画化!フランスの里親制度から“家族のかたち”を描く感動作。今は一緒にいなくても、血がつながっていなくても、家族だった時間は消えない。さまざまなかたちの家族にエールを贈る奇跡の物語。里子を本当の息子のように育てた4年半。愛と葛藤の先に、家族がたどり着いた答えとは…。
ザ・ローリング・ストーンズ
ロックン・ロール・サーカス
<レストア版>
9月3日(土)~9月9日(金)CINEXにて限定上映
「ロックン・ロールとサーカスの融合」を目指してローリング・ストーンズが企画・製作し彼らがホスト役も務めたライヴイベント。その撮影は、スウィンギング・ロンドンの真っただ中1968年12月の2日間で行われた…。ザ・ローリング・ストーンズ結成60年記念&チャーリー・ワッツ追悼公開!
スワンソング
9月10日(土)~9月23日(金・祝)CINEXにて限定上映
白鳥がこの世を去る際に、最も美しい声で歌うとされる伝説から生まれた言葉。アートや技に身を捧げた者たちが、人生の最後に残した作品、最後のパフォーマンス、つまり有終の美が「スワンソング」と表現される…。人生に悔恨を残さぬために、伝説のヘアメイクドレッサーが親友のための最後のメイクへ…。実在の人物をモデルにしたハートフル・ロードムービー!
ザ・ローリング・ストーンズ
チャーリー・イズ・マイ・ダーリン
<レストア版>
9月10日(土)~9月16日(金)CINEXにて限定上映
1965年9月3~4日のアイルランド・ツアーを追った、ストーンズが記録された初めてのフィルム。2011年に新たに発掘された未編集未発表のステージ映像などを加えて再編集された2012年版が本作である。あふれる野心と不安を抱えながら、真直ぐ突き進む若き伝説…。ザ・ローリング・ストーンズ結成60年記念&チャーリー・ワッツ追悼公開!
  神々の山嶺(いただき)
9月10日(土)~9月23日(金・祝)CINEXにて限定上映
作家・夢枕獏のベストセラー小説を、圧倒的な画力で世界中にファンを持つ谷口ジローが漫画化した今なお絶大な人気を誇る傑作「山嶺」の初のアニメ化が実現!フランスで10万人を超える大ヒットを記録し人々を熱狂させた究極のミステリーがついに日本で外線上映‼
  冬薔薇 (ふゆそうび) PG12
9月17日(土)~9月30日(金)CINEXにて限定上映
ずっと逃げてきた。見つめることが怖かった。行き場所のない魂は、どこに流れ着くのか…。家族、友人、そして自分自身とも向き合えずにいた。心の欠損を抱えた「寄る辺なき者たち」が織り成す人間ドラマ。俳優としてゼロに戻り、内面をさらけ出した伊藤健太郎の演技、その周りを固めたのは、日本映画界きっての実力派たちだ。
  わたしは最悪。 R15+
9月17日(土)~9月30日(金)CINEXにて限定上映
ロマンティックでセクシーな恋、ヒリヒリする現実、ときめく未来…「どこかにもっと特別な自分がいる」と期待し、時に自己嫌悪に陥りながら、時に衝動的に、自分に正直に人生を選択していくユリヤ。「わたしは最悪」と一度は悩んだことのある、新時代を生きる全ての人に贈る、全く新しい人生賛歌。
  ビリーバーズ R15+
10月1日(土)~10月6日(木)CINEXにて限定上映
とある孤島で生活をする二人の男と一人の女。ニコニコ人生センターという宗教的な団体に所属している3人は、オペレーター、副議長、議長と互いに呼び合い、無人島での共同生活を送っていた…。孤島でせめぎ合う、純粋な信仰心と抑えきれない欲望。淫らな夢と極限の現実、その向こう側に見えたものとは…。
  木樵 KIKORI
10月1日(土)~10月14日(金)CINEXにて限定上映
悠久の時を超えて、山と生きる。伐って、植えて、育てる。そして、命を生かす…。本作の監督である宮崎政記は岐阜県下呂市で生まれ、“木樵”である父の背中を見て育つ。戦後の復興から東京オリンピック、大坂万博。高度経済成長期を支えた木材の需要は絶頂期を迎えたが、時は流れ、林業は長い不況を迎える。父の跡を継ぐことを断念した宮崎は山を離れ、映画の道を志した…。
0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000