上映作品・近日公開作品

上映中作品・近日公開作品一覧です。
ロイヤル劇場の近日公開作品はこちらへ。

ガーンジー島の読書会の秘密
12月21日(土)~2020年1月3日(金)CINEXにて限定上映
第二次大戦直後のイギリス、取材である島の読書会を訪れた作家のジュリエット。しかし、創設者は姿を消し、メンバーたちは何かを隠していた…。ジュリエットが謎を解くたびに、読書会のメンバーとの絆がまたひとつ結ばれていく。すべての謎が解けた時誰もが幸せな気持ちで満たされる、<人生を輝かせる至福の>ミステリー。
パリに見出されたピアニスト
12月21日(土)~2020年1月3日(金)CINEXにて限定上映
路地裏の天才が本当の音楽に出会ったとき、運命の歯車が大きく動き出す…。数々の名曲に彩られる、感動のサクセス・ストーリー!マチューが拓く未来には、一体、何が待ち受けているのだろうか…。音楽への情熱と愛に満ちた感動のドラマ。パリ、北駅。奇跡はその場所から始まった…。
永遠の門 ~ゴッホの見た未来~
12月28日(土)~2020年1月10日(金)CINEXにて限定上映
美術史上最も人気の高い画家の一人、フィンセント・ファン・ゴッホ。彼の魔法にかかると、見慣れた<ひまわり>や<アイリス>、当たり前にそこにある<星>や<月>が不思議な、魅力を放ち、観る者に“パラレルワールド”に踏み込んだような陶酔感をもたらす。ゴッホが見た世界が、あなたの魂を開放する、圧倒的感動体験!
  グレタ
2020年1月4日(土)~1月17日(金)CINEXにて限定上映
地下鉄に置き忘れられた女性のバッグ。持ち主に届けようとした善意が、まさかの衝撃の運命を導いていく…。イザベル・ユペール×クロエ・グレース・モレッツ。特別な二人の初共演は、想像を超えるスリル×ショックで全世界騒然の問題作!最恐・最狂・最驚の未亡人グレタが、貴方の心の隙間を狙っている!!
リンドグレーン
2020年1月11日(土)~1月24日(金)CINEXにて限定上映
『長くつ下のピッピ』『やかまし村の子どもたち』『ロッタちゃん』の作家、アストリッド・リンドグレーンの知られざる人生。自由奔放な少女が伝説の作家になるまで…。なぜ、アストリッドは最も革新的で影響力のある稀有な作家になり得たのか、なぜいつまでも子どもの心を忘れず、理解できるのか…そのすべての答えが、ここにある。
私のちいさなお葬式
2020年1月18日(土)~1月31日(金)CINEXにて限定上映
73歳・元教師のエレーナ。ロシアの小さな村で、気心の知れた友人と大好きな本に囲まれ充実した余生を送っていたが、突然の余命宣告!都会で働くひとり息子に迷惑をかけまいと、自分で自分のお葬式の準備をはじめる?!自分の<お葬式計画>に奮闘する女性が贈る、笑って泣けるやさしさに包まれる物語!
  だれもが愛しいチャンピオン
2020年1月25日(土)~2月7日(金)CINEXにて限定上映
あらゆる観客の想像を軽々と超えてラストに迎える、奇跡の瞬間…。これは、迷走中のプロ・バスケットボールコーチと、実在するハンディキャップ・チームとの絆を描く、オンリーワンの感動作!ほんの少しの勇気が新たな自分を輝かせる…これはあなたにも起こり得る人生のサプライズ!
  ひとよ (一夜) PG12 <通常上映>
12月28日(土)~1月10日(金)CINEXにて上映
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはるは、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った…。一夜にして激変する家族の運命を通し、尊くも時に残酷な家族の絆、究極の愛・・・ヒューマンドラマの傑作が誕生!
影踏み <通常上映>
1月4日(土)~1月17日(金)CINEXにて上映
孤高の泥棒<ダークヒーロー>が事件を解き明かす、異色の犯罪ミステリー。圧倒的な存在感で主人公・真壁修一を演じたのは、日本の音楽史シーンで不動の位置を占めるシンガーソングライター、山崎まさよし。横山秀夫原作の、その特異な小説技法ゆえに長らく映像不可能とされてきた“最後の一作”。一級のヒューマン・エンタテインメントが誕生した。
  キャッツ
1月24日(金)~CINEXにてロードショー
奇跡の歌声。驚異のダンス。人生が変わる極上のエンターテイメント。満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのは、ロンドンの片隅のゴミ捨て場。そこで出会ったのは個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たち。今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜…。
  グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~
2月14日(金)~CINEXにてロードショー
没後70年を経てもなお人気の衰えない昭和の文豪・太宰治。彼の未完の遺作を、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させ、舞台で上演したのが2015年。本作は情けないのになぜかモテるダメ男を大泉洋、他豪華キャストを得て、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わった!